指関節の痛み『ばね指』

ばね指


指関節の痛み『ばね指』の症状

「ばね指」はドゥケルバン病と同様に、狭窄性腱鞘炎のひとつです。

ドゥケルバン病の特徴が手首の痛みを伴うのに対して、

ばね指は指関節の痛みという症状から始まります。

症状の進行具合によって

  • 指の付け根、関節にに痛み、腫れ、熱を感じます
  • 指の曲げ伸ばしが困難になります
  • 指をのばそうとすると引っかかりを感じます
  • 一度指を曲げると、なかなか伸びなくなります
  • 全く指が曲がらなくなります

という症状を辿ります。

ばね指は別名「スプリングフィンガー」「弾撥指」とも呼ばれています。

指関節の痛み「ばね指」症状の詳細はこちらへ


 


指関節の痛み『ばね指』の原因

「ばね指」の原因は次の2つです。

  • 手の酷使
  • ホルモンバランスの変化

手の使いすぎによって「ばね指」が発症することはもちろんですが、更年期や出産前後の女性にもホルモンバランスの変化が原因で「ばね指」を発症する方が多いようです。

また、糖尿病が原因で「ばね指」が発症する場合もあります。

指関節の痛み「ばね指」原因の詳細はこちらへ


指関節の痛み『ばね指』の治療

「ばね指」の治療には次の3種類の治療法があります。

  • 保存療法
  • 「指の使用を抑える」「指を固定する」「温める」「非ステロイド系抗炎症剤を服用する」といった治療で指関節の痛みという症状の進行を止める治療です。

  • ステロイド注射
  • あまりに指関節の痛みが強い場合は、直接腱鞘にステロイド注射を打つ治療です。
    保険適用の治療で効果は限定的ですが、治癒することもあります。

  • 手術療法
  • 保存療法やステロイド注射でも指関節の痛みがひかない、それどころか、症状はますます悪化するばかり、といった場合は手術による治療以外に快方への道は残っていません。

    現在の腱鞘炎・ばね指の手術には2つの方法があります。

    ・腱鞘切開手術
    ・内視鏡手術

    一般的に行われているのは腱鞘切開手術ですが、最近では術後の回復状況や体への負担を考え、内視鏡手術が行なわれるケースが増えてきました。

指関節の痛み「ばね指」治療の詳細


 


サブコンテンツ

このページの先頭へ