テキストサム損傷とは

パソコンの長時間操作で腱鞘炎になることを「マウス腱鞘炎」と呼びますが、最近ではスマホのやりすぎで指の機能に支障を来たしている方が急増していると言われています。

海外では「テキストサム損傷」と呼ばれており、社会問題となっています。

日本でも「スマホ指」とか「iPhone指」などと呼ばれています。

症状としては、小指の変形や痺れ、痛みなどが多いようです。

スマホの操作は、スマホ端末を持ったままで長時間にわたって指先の動作が続くことにあります。

人間本来の自然な姿勢や動作でないため、手や指先の筋肉や腱に負担がかかり、体のバランスが崩れて、肩、首、背中、腰など、全身の不調につながってしまうのです。

特に指には負担が大きく、腱鞘炎発症の原因ともなります。

スマホを長時間いじっている人はパソコンの操作時間も長い可能性も高いので、あながちスマホだけが原因とも思えませんが、いずれにせよ要注意であることは間違いありません。

私の場合は、腱鞘炎の痛み以上に頸肩腕症候群を発症して、日常生活にも困ったことがありました。

その痛みは何をしても、何もしなくてもずっと続く痛みです。

さらに悪いことに、こうすれば治るという治療法がありません。

ストレスを溜めず、パソコンはやらず、ゆっくり温泉にでも浸かるという、つまり安静にしていろ、ということですね。

何もせずに安静にしていられる身分なら良いのですが、そうもいかず非常に辛い目に会いました。

そんなことになる前に早期発見、早期治療が大切ですね。

「テキストサム損傷」侮ってはいけません。

マウス腱鞘炎の詳細はこちらで確認できます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ